Binance(バイナンス)の使い方・登録方法や注意点

BINANCE(バイナンス)は 2017年7月に設立された世界最大の暗号通貨取引所です。日本の取引所より取引通貨数が多く、様々なオプションが容易されています。
Binance で始める暗号通貨 取引

「日本の取引所では物足りない」「色々なアルトコイン(草コイン)を売買したい」「大きく稼ぎたい」という方は海外 仮想通貨取引所「Binance(バイナンス)」をおすすめします。
多くのブログや紹介記事で紹介されており、仮想通貨を始めるとき、取引所を選定するときに見た方も多いと思います。

今回は「Binance の使い方と注意点、登録方法」をご紹介します。


Binance について

Binance: Logo

Binance(バイナンス)は、2017年7月に設立された暗号通貨取引所で世界最大の取引所です。アルトコインの取り扱い数が豊富、手数料が安い、レバレッジ倍率の高さ、報酬オプションが充実しているのが大きな特徴です。
中国で初期設立され、現在はシンガポール・マルタ・アメリカなどに拠点があり分散型の事業になっています。

取引方法現物取引 / 信用取引 / 先物取引 / P2P 取引
レバレッジ信用(最大 10倍) / 先物(最大 125倍)
取引通貨数700 以上
引手数料一律 0.1% ※BNB建ての場合は最大 0.02%
日本語あり
入金/出金入金は無料、出金は通貨ごとで異なる
出金無料
アプリAndoroid / iOS
決済方法クレジットカード(日本円 可) / 銀行振り込む(USD)/ P2P 取引

バイナンスのメリット(良いポイント)

取り扱いコインが豊富

日本にはないコイン(銘柄)が豊富で日本の取引所で扱っているコインはバイナンスでほぼ買うことができます。扱っているコインが多いということは選択肢が広がりチャンスに繋がります。

エアードロップに対応している

エアドロップ(AirDrop)イベントにほぼ対応しており、対象のコインを保有しているだけで自動的にトークンがもらえます。日本の取引所によってイベントに参加しなかったり、トークン配布時期が不透明な事が多いですが、バイナンスだと早めに告知するので安全です。

IEO で格安で購入

IEO(Initial Coin offering)= 新規通貨公開で、株式のIPO(Initial Public Offering) = 新規株式公開 に当ります。抽選に当たったユーザーのみ購入する権利が与えられ、安くトークンを購入することができます。
バイナンスでも不定期に IEO イベント「Binance IEO」が実施されており、トークンの抽選に参加することができます。参加方法は「抽選式」「BNBを保有」の条件があり、抽選に申し込みする必要があります。

収益プログラム

暗号通貨を新しく購入しなくてもバイナンスで一定期間をコインを預ける / 貸し出す / 交換 などで報酬を得ることができます。

  • セービング:バイナンスにコインを預金して利息を受け取るプログラム。
  • ステーキング:コインのネットワークに参加しコインを貸し出して報酬を受け取れるプログラム。
  • スワップ:ペア通貨を交換に貸し出して利息を受け取れるプログラム。

P2P(Peer to Peer)もあり、取引所を通さずユーザー対ユーザーで取引ができるので非常に少ない手数料で交換することができます。

日本語に対応している

公式サイトが日本語に対応しており、ストレスなく利用しやすくなっています。
ページが 90%が日本語 に対応しています。また、多くのブログやSNSで「バイナンスの使い方」「最新情報」などが公開されているので国内取引所と同じように使うことができます。

身分証明書の提出なしで利用可能

日本の取引所の場合、身分証明の提示&審査してからアカウントが利用する形になりますが、バイナンスではメールアドレスの登録だけで暗号通貨の取引を始めることができます。
バイナンスに身分証明の提示と2段階認証の設定を行うと「取引額の拡大」「現金入金が可能」などの制限は外すことができます。

キャンペーン・アクティビティ

コンペティションやプロモーションが頻繁に開催されているので規定されたタスクや取引ラインクインなどを完了することで取引とは別の報酬金額を受け取ることができます。また、バイナンスステーキングとフレキシブルセービングの解放も行われています。

バイナンスのデメリット(使うリスク)

日本の規制に対応していない

バイナンスは金融庁による仮想通貨取引規制の基準や仮想通貨交換業登録を満たしていないこともあり、日本国内に拠点がありません。また、過去に金融庁からの無許可での日本国内で営業活動をしていたと警告を受けた経験があります。そのため、金融庁は日本居住者に対してバイナンスの利用を許可していない状態になっています。
現状は日本からでもバイナンスを利用可能ですが、将来的に日本居住者は利用できない可能性があります。

日本でバイナンスの事業展開について、2020年12月に創設者 CZ 氏は「日本への取引所 展開する可能性はありそうでない」とコメントしています。今後、金融庁の規制変更次第では、再参入の可能性はあります。

登録申請のルールを調査するにつれ、取引所が扱うことができるコイン数の制限が、当時すでに80の仮想通貨を上場していたバイナンスにとって、最大のネックだと判明したとCZ氏はコメント。当局とも交渉を重ねたが、最終的には金融庁からの正式通告を受け、日本市場への進出を断念するに至ったという。

バイナンスの日本参入、可能性は? CZ氏が語る今後の展望

日本円の出金はできない

クレジットカードで日本円での支払いは可能ですが、バイナンスから日本円の出金はできません。
日本円にする方法としては、次の方法があります。

  • バイナンスから日本の仮想取引所に送金してから暗号通貨を売却し、日本円を銀行に出金する。
  • P2P 取引での決済を日本の銀行またはLINE PAYなどで日本円として売却する。

または、日本円でなく USD として運用する方法があります。その際は日本の銀行口座ではなく PayoweerWise で USD として管理すると手数料コストが低くすることができます。

バイナンス アカウントの登録

バイナンス 公式サイトにアクセスし、「今すぐ登録」をクリックします。

※ このボタンからアカウント作成すると取引した仮想通貨の 20 %が毎回貰えます(キックバック。

Binance:公式サイト
公式サイトからアカウントを作成しても特典は貰えない。

英字(大文字と小文字の混同)+数字のパスワードを入力し、「アカウント登録」をクリックします。

Binance:アカウントを作成する
招待ID「D9F9JXWC」で登録すると取引する度に取引額の 20 %の仮想通貨を受け取れます。

矢印マーク「→」をクリックしている状態で透明になっているパズルが重なるまで右にスライドします。

Binance:セキュリティの確認

アカウント作成で入力したメールアドレスに バイナンスからの登録メール「【Binance】Confirm Your Registration From 〜〜〜」が届きます。
そのメールに記載されている数字 6桁を覚えます。
アカウント作成ページに戻り、6桁の数字を入力します。

Binance:確認コードのメール
Binance:認証コードの入力
30分以内に入力すればOK

「バイナンスへようこそ」ページが表示されれば、アカウントの作成は完了になります。

バイナンス:アカウントの作成完了
※ バイナンスでは本人確認を行わなくても取引を始めることができます。

3つアイコンのどれかを選択すると後述されている入金または購入ページに移動します。

クレジットカードで購入すると15〜17% の手数料がかかるため、おすすめできません。
日本の取引所で暗号通貨を日本円で購入し、バイナンスに送金する方法がかかる手数料が少なく済むので手軽でおすすめです。
バイナンスの入金手数料については「クレジットカード払い/銀行振込の手数料と入金方法のご紹介」をご覧ください。

関連情報