Payoneer アカウント作成と日本円 口座の開設方法

Payoneer:日本円 口座の開設方法

Payoneer は 11の通貨口座を開設することができます。アカウント作成から口座開設まで当日中に完了することができ、とてもスピーディーです。
11 通貨には日本円(JPY)も含まれていますが、日本在住者はPayoneer の規則により、日本円 口座は海外在住者のみ開設になっており、日本在住者の方は日本円 口座が開設することができません。
このページでは、Payoneer アカウント作成と外貨口座の開設、そして、海外在住者 用に 日本円 口座について情報をまとめました。


アカウント作成方法

Payoneer で外貨 口座を開設するに Payoneer アカウントを作成し、アカウントを有効化しなければなりません。
アカウント作成には次の情報が必要になります。

  • SMS認証が行える電話番号
  • 在住している住所
  • 現地の銀行口座
  • 身分証明書(パスポート/運転免許書)の提示

Payoneer では複数のアカウントを作成・所有することは禁じており、アカウントは 1つのみになります。

公式サイトにアクセス

Payoneey 公式サイト(キャンペーン)にアクセスします。
キャンペーンページは英語ですが [SIGN UP & EARN $35] をクリックすると日本語でアカウント開設 手続きが始まります。

※通常ページからアカウント開設した場合、何も貰うことができません。

$35 が獲得できるキャンペーン

※ 上記のキャンペーンで口座開設を行ない、合計 1,000 USD 相当の支払いを受け取ると 35 USD を受け取れます。

職種と目的を選択して、[アカウント開設] をクリックします。

Payoneer:アカウント開設の手続き開始

ステップ 1:はじめに

アカウント作成者の情報を入力します。
ここで入力したメールアドレスがユーザー名として使用されます。

※ 既に Payoneer アカウントを所有していた場合は 新しいメールアドレスで登録してください。

ステップ 2:連絡先情報

アカウント作成者の住居国と電話番号を入力します。活動している居住国の住所で登録します。

英語表記の住所は、日本語住所を英語表記に変換できる「君に届け!」を利用すると便利です。

※ 電話番号はSMS が受け取れる電話番号です、
※ 日本 住所で登録した場合、日本円 口座が開設できません。

ステップ 3:セキュリティー詳細

作成するアカウントのパスワード、パスワード再設定時の設定と作成者の身分証明証の情報を入力します。

※ アカウント確認またはパスワード再設定の際に確認に「セキュリティーの質問」「セキュリティーの質問の答え」が利用されます。

ステップ 4:完了までもうすぐです

入金先の銀行口座 情報を入力します。
ここで登録する銀行口座は現地の口座(引き出し用)になります。

※ 日本の銀行口座で登録した場合、日本円(JPY) 口座が利用ができなくなります。

以上でアカウント作成の申請は完了になります。
Payoneer の審査が完了するとアカウント作成 成完了のメールが届きます。
審査には 1 〜 2週間と記載されていますが、1時間以内に審査完了メールが届きます。

アカウント確認

審査に合格するとメール「Payoneerへのお申込みが承認されました!」が届き、アカウントにログインできます。

作成したアカウントにログインするとセキュリティーの質問 2 と3 を作成します。
この質問と答えはパスワード再発行時に使用しようされます。

開設初期時には引き出し(入金)の制限がかかっています。
アカウントをフル アクティブにするために指定された情報を提出します。

「ビジネスの詳細情報」と「アカウントの確認」を提出して、機能制限を解除します。

日本円 口座を開設するには?

Payoneer の日本円 口座は日本在住者は開設することができず、海外在住者だけが日本円 口座を開設することができる仕様になっています。
開設時するには海外の住所と現地の銀行口座で口座開設 手続きを行うことになります。
手続き自体は日本在住者でも同じ手続きになります。

※ 日本の住所または日本銀行の口座で Payoneer アカウントをしていた場合は 既存アカウントの住所変更は行うことはできないため、新しく Payoneer アカウント を作成することになります。

海外 居住証明証を提出する

海外に居住している証明証を提出しなければなりません。
受け付け可能な居住証明書は直近の銀行口座明細書のコピー、居住許可証カード、氏名と住所が記載された最近の公共料金請求書 (ガス、水道、電気、電話、ケーブルテレビなど) のコピー (過去3ヵ月以内に発行されたものに限ります) です。

※ 賃貸物件に住まいで公共料金の請求書に名前の記載がない場合は賃貸契約書のコピーと所有者名義の公共料金請求書のコピーを提出になります。
※ 携帯電話の請求書、ビザ、労働許可証、パスポート、スタンプは居住証明して扱われていません。

Payoneer アカウントにログイン し、メニューの [設定 > 管理センター] から証明書を提出します。

日本円 口座の追加申請をする

メニューの [受取り > Global Payment Service] を選択し、「日本(JPY)」をクリックします。

申し込み完了すると審査が入り、2営業日以内に合否の連絡が来ます。
承認された場合は Payoneerアカウント内から日本円 口座が追加されます。

以上で日本円 口座の開設方法になります。

補足:特定の国は変更不可

法令の関係上で国によっては国外への住所変更ができない場合があります。
対象国から他の国、または他の国から対象国に居住国を変更することができません。新しく Payoneer アカウントを作成することになります。

  • 住所変更ができない国
    • 日本
    • イギリス
    • インド
    • オーストラリア

A 国と日本と2重 アカウントを所有することになりますが、Payoneer アカウント 同士であれば資金の移動ができ、その手数料は発生しません。

参考ページ