バイナンス流動性スワップとは?メリット・デメリットについて

バイナンスの流動性スワップと流動性プロバイダ

バイナンス にはマーケット取引より少ない手数料で交換できる「流動性スワップ」とその流動性に暗号通貨を提供する「バイナンス流動性プロバイダ」のプログラムがあります。
この記事は、バイナンスの流動性プロバイダ 解説とメリット/デメリット、用語をまとめた記事です。



バイナンス流動性スワップについて

流動性スワップ(Liquid Swap:リキッドスワップ)は、マーケット取引より少ない手数料で暗号通貨が交換できる取引で AMM(Automatic Market Maker)に基づいています。イールドファーミング とほぼ同じで、FX だと通貨スワップにあたります。
他の暗号通貨への両替であればマーケット取引より流動性スワップのほうが効率より両替ができます。

※ 流動性スワップ で取引した場合は、紹介プログラムのキックバック対象外になり、報酬を受け取ることができません。

バイナンス流動性プロバイダとは

流動性プロバイダ(Liquidity Provider)は 2つ暗号通貨を 1対1 の同価ペアを流動性にプールする(預け入れる)した提供者です。流動性プロバイダになると、スワップ利用者から取引手数料、バイナンスからの流動性報酬、プールでの利息収入を得ることができます。プールした暗号通貨は常に変動しているため、利益や損失する取引リスクが高いサービスです。

流動性スワップ/プロバイダ には 2つの種類のプールがあります。

ステーブル プール

ステーブル は BUSD/USDT、BTC/WBTC など取引価格が固定化されており変動しにくい暗号通貨です。
安定した暗号通貨ペアで価格変動の影響は受けにくく、安定したマーケットメイク収入を受け取ることができます。安定している分、報酬は少なめです。

イノベーション プール

イノベーションは BTC/ETH、BNB/BUSD など取引価格が固定化されておらず変動しやすい暗号通貨です。
価格の変動が大きい暗号通貨ペアで損失するリスクがありますが高報酬を受け取ることが可能です。

3つの収益

流動性プロバイダで得れる報酬は 3つあります。

  • 取引手数料
  • 流動性報酬
  • 利息収入

取引手数料と流動性報酬は プールサイズによって値が変動します。

流動性報酬

流動性報酬は流動性プロパイダーに対してバイナンスが付与する報酬のことでプール ペアによって異なり BNB や FRONT や COS だったりします。
報酬は 1時間毎に配布され、報酬請求を行うことで一括で受け取ることができます。受け取った報酬は現物ウォレットに格納されます。

バイナンス:流動性スワップの配布履歴

報酬金額は プールシェア率 * 流動性プールの1時間ごとの流動性報酬 = 流動性報酬 で計算されています。
また、報酬額は 1時間あたりではなく、15:40 に参加したとしても 1時間分の報酬が受け取れます。

取引手数料

取引手数料はプールした暗号資産が他の人が使う事(取引)によって、手数料が入ります。
プールシェア値が小さい場合は取引手数料が発生しない可能性が高いため、取引手数料も目的とした場合、プール金額を多く投下し、プールシェア値を高くする必要があります。

利息収入

利息収入は [現在のプール資産 – 昨日追加された金額 + 昨日削除された金額」と計算され、前日からのトークンプールのフレキシブルセービングの利息レートを使用されます。トークンに対応するフレキシブルセービング商品がない場合、収入が発生しません。
利息収入は 07:00 am(日本時間)に配布されます

※ 2021年6月時点では BNB やCTIS などの報酬がセービングに対応していないため、実質発生しない利息になっています。

流動性プロバイダの始め方

流動性プロバイダ になるには「 Binance アカウント」「暗号通貨のペア、または片方」を持っている必要があります。

※ 作成ボタンからアカウントを作成すると、毎回の取引時に 取引額の 20%がキックバックとして特典が付きます。

  1. 上部メニューの ファイナンスから [流動性スワップ] をクリックします。
  2. タブから [流動性] を選択します。
  3. プールする暗号通貨ペアを選択します。
  4. プールする追加方法を選択します。
  5. 金額を入力します。
  6. 利用規約に同意し、チェックします。
  7. [追加] をクリックして、流動性に提供します。

画面の説明

BNB:BUSD の流動性を提供する

プールを選択:
預け入れる暗号通貨ペアを選択することができます。暗号通貨ペアによって総収入が異なっています。タブの [プール] から暗号通貨ペアの収入を一覧することができます。

追加方法:
暗号通貨ペアでプールする場合は 手数料 0 で流動性に提供することができますが、片方の暗号通貨で流動する場合は バイナンス側で 1対1 にするために手数料が発生します。削除時も同様で暗号通貨ペアで引き出す場合は手数料がかかりませんが、片方だけで引き出す場合は手数料が発生します。
手数料が発生するのは追加時または削除時のみでプールした後は手数料がかかりません。

総収入:
総収入は 取引手数料 + 流動性報酬 の合わせた値です。プールする暗号通貨によってそれぞれの値が異なります。

メリット

毎時、報酬が発生する

ステーキングやセービングは申込みした 2日後に発生しますが、流動性プロバイダの流動性報酬はプールした 1時間ごとに報酬が発生します。
この報酬は プールしている間、毎時報酬が発生します。

即時引き上げ可能

プールした暗号資産は提供者が好きなタイミングで引き上げることができます。ステーキングは 2日後に償還されます。

魅力的な高利息

BNB のステーキング APY は 7.72 〜 11.06%、DeFi ステーキング APY は 8.49% ですが、それらを上回る 20% 超の利息があります。プールする暗号通貨ペアによっては ステーキングを下回る 2.89% があります。

リスク/デメリット

セービングやステーキングは元本保証型でリスクはありませんが、流動性スワップは元本変動型で元本割れの「インパーマネントロス」というリスクがあります。

リスク:インパーマネントロスとは

インパーマネントロス(Impermanent Loss、変動損失)は、流動性提供をしたことで発生した損失のことです。簡単に説明すると、流動性プロバイダにならず、実際に所有していたほうが利益があった ことを指します。

>> インパーマネントロスとは?対策法や計算ツールまで | CoinPartner(コインパートナー)

デメリット:報酬は BNB

流動性報酬は基本 BNB になります。一部のペアによってはその暗号通貨が報酬の場合があります。
暗号通貨を増やす場合は流動性プロバイダにならずにステーキングしていたほうがいいです。

リスク:ステーキングを下回る APY

ステーキングを上回る APY で設定されていますが、プールする暗号通貨ペアによっては 3% のAPY があります。その場合は プールするより、ステーキングのほうが効率よく利息を稼ぐことができる場合もあります。

バイナンス流動性スワップの用語

流動性プロバイダ
ペアの暗号資産を流動性に提供している提供者のこと

利回りの更新
毎日 09:00 am(JST)の流動性の利回りが更新される、現在のトークンプール資産 – 前日の追加額 + 前日の削除額 で算出される

プール
暗号資産の貯蓄または保管すること。

マーケットメイクPNL
原価 + 利息収入 + 取引手数料収入 + 一時的損失 + 未請求の報酬 で算出される。

手数料
スワップした時に発生する手数料、この手数料は取引手数料として流動性プロバイダーに渡される

スリッページ
スワップを行った際のトレード金額によって現在の価格から逸脱すると推定される割合。

最終日利回り
(前日の総利息 + 前日の総取引手数料 + 前日の総流動性 報酬)/ 昨日の終わりのプールの総価値* 365 で算出される、一時的損失は含まれていません
利息 があるが実施されておらずどのペアでも基本 0% となっている。

一時的損失(Impermanent Loss, IL)
暗号通貨ペアをプールしていたときに価格変動により発生した損失。
流動性スワップを行わず、何もしない(ウォレットで保管)としていたときの差額です。

プールシェア構成
暗号通貨を預け入れた比率、1対1 の価格になるように自動調整される。

シェア額
流動性に提供したシェアの合計値

1シェア当たりの費用
シェアされたときの報酬金額

シェア値
預け入れした暗号通貨ペアの資産金額(USD)。

プールシェア
預け入れした暗号通貨ペアのプール全体の割合。

流動性報酬
プールシェア率 * 流動性プールの1時間ごとの流動性報酬 = 流動性報酬

参考記事