ホーチミンで部屋に日本式 網戸を設置する

設置した着脱式 網戸

ベトナムには基本的に日本のような網戸はありません。網戸ではなく蚊帳が利用されています。
理由は 窓・ドアにスライドするためのレール部分が備わっていないからです。
そのため、最初からアパートに備わっているモノではなく、オプションとして自分で設置していく形になります。

ベトナムで網戸は買うことができるのか?

蚊や小蝿が入らないようにするためのアイテムはホーチミンでも手に入れることができます。
「着脱式」「日本式」の 2つのタイプがあります。

着脱式 網戸

ベトナムでは網戸ではなく、蚊帳 商品として通販サイトで安価で販売されており、マグネット式、マジックテープ式、ロールスクリーン式など多種なタイプとサイズがあります。

ベトナムで販売されている蚊帳

商品購入時に寸法サイズを伝えてと各部品が送られ、自分で組み立てるのが通常ですが、職人さんを家に来てもらい寸法・組み立てをしてもらうこともできます。その場合は料金が加算されます。
Shopee、TiKi、LAZADA などで販売されており、ベトナムでも一般的な網戸になります。
網 部分は樹脂プラスチック・ポリプロピレンが多いです。それらは耐久性は高くなく、汚れやすいですが隙間はしっかりと狭いため蚊、小蝿をブロックできます。壊れたり、汚れたら取り替える感じです。

蚊帳という検索キーワード「Lưới chống muỗi côn trùng」で調べると商品が表示されます。
価格帯は 50,000 〜 300,0000 VND ほどに販売されています。

日本式 網戸

ベトナムでもスライドして開閉する日本式の網戸は専門業者で販売されています。
取り扱っている専門店は日本の会社と提携しているので日本の網戸を手に入れることができます。
ただ、多くの窓やドアはスライドできる形状になっていないため、スライドするためのレール部品を設置する必要あります。
網の素材はプラスチック、グラスファイバー、ステンレス鋼の3種類があります。日本だとグラスファイバーを採用している会社が多いようです。
専門の業者が設置する窓・ドアを寸法し、後日部品を持って組み立て設置してくれるのでオススメです。
上記の着脱式に比べると費用は上がります。

Google で検索キーワード「Cửa lưới chống muỗi」(蚊帳ドア)と調べると取り扱っている専門業者を見つけることができます。
価格帯は 400,000 〜 5,000,0000 VND とピンきりです。

部屋に設置した日本式 網戸

バルコニーのドアに日本式の網戸を設置しました。
レールができる形状だったため、スライド機構なしで網戸の設置のみになりました。
網の素材はグラスファイバーにしています。

家に設置した網戸
網戸を設置しているシーン

電話した当日に寸法と商品説明を受け、4日後に設置という流れでした。
スライド機構が要らなかったため費用は 700,000 VND。

依頼した会社「CỬA LƯỚI NHẬT」はホーチミン市にいくつも支店があります。また、日本の網戸会社と提携しており、日本の網戸 商品も扱っています。

寝室には着脱式のマグネット網戸を設置しています。
自分でサイズを寸法して Shoppe で注文し、自分で組み立てました。
1つ 150,000 VND ほどでした。

設置した着脱式 網戸

網戸を設置した所感

網戸を設置後は蚊や小蝿などの虫は部屋に入ってこなくなり、とても快適に過ごせるようになりました。
使用していると汚れが目立つようになるので定期的に掃除は必要です。掃除機で吸い込んで掃除するなら、ヘタれない素材にしないと弛みます。

最初から網戸がある部屋は殆ど無いので、網戸は自分で設置するプランがおすすめです。