ホーチミン在住✎Channel

ホーチミン 3年目!住んでみて気付いた事をまとめてみた #ベトナムあるある

海外移住への準備
生活

ベトナムに住む前の準備しておくこと

ベトナムで住むために日本国内で準備しておくべきことをご紹介します。


絶対に必須な生活品

クレジットカード

基本的にはローカル ATM カードまたローカルのクレジットカードを使うことになりますが、日本への一時帰国や日本円での支払いのときがあるので一枚は持っておくべきです。ブランドはVIVAまたはマスターカードのどちらかです。

またベトナムで生活すると日本のクレジットカードを使用する使用回数も少なくなるので年間費がかならない種類を選ぶといいです。何も使っていないのに日本の銀行口座から貴重な日本円の残金が減るのを見て「もったいない」と思ったときは多々あります…

スマートフォン

日本のスマートフォンをベトナムに使うには事前にSIMロック解除する必要があります。SIM 解除してなければベトナムのお店で解除できますが正規の手続きではないので不安が残ります…。
また、使うスマートフォンがベトナムのバンド(対応周波数帯)に適合しているかも注意が必要です。多くの機種は対応していますが念の為に確認してください。

iPhone、Galaxy、Huawei、OPPO などの海外機種はベトナムでも購入することができますが日本機種は2019年に完全撤退しているので購入することができません。

ラップトップ

ローカルの情報を調べたり、ブログを始めたりとお仕事/プライベートでも使うことになるのでラップトップ。

まずは優先させたいのは「重量」、持ち運びすることが多いので重たいだけでストレスになります。軽いというのは最高です。次に「パフォーマンス」、何かを起動するたびに挙動が重たくなるとそれだけで時間ロスになります。使用用途によりますがCPUはi5、メモリーは8G 以上であればストレス フリーで使用する事ができると思います。

インターネットバンク(ネット銀行)

海外にいても日本の銀行口座で取引することが必ずあります!のでインターネットバンクを作成しておきましょう。
通常の普通口座ではネットから操作することができないパターンが多いので利用している銀行のインターネットバンキングへの申込みをして、ネットから取引できるようにしておくと後々便利です。

Kindle(電子書籍)

ベトナムだと日本書籍が手に入りにくいですので荷物がかさばらず読める電子書籍は生活の幅を広げてくれます。

日本国内にいる間に数冊を購入しダウンロードしてください。というのもKindle は日本国内向けのサービスで海外で利用すると著作権や版権の問題で5冊以降から購入することができなくなります。
しかし、日本国内でKindle を利用して、その後ベトナムで使用して、購入制限はかからなくなりますので今は使わなくてもとりあえず使えるようにしておくと後で後悔しません。

※ 日本のVPN を通すことで制限なく購入することはできるのですがVPN 設定がややこしいので日本国内でやっておいたほうがいいです。

必要なアプリ

Google Map

住む地域のMAPをダウンロードして、オフラインでも使用することができる状態にするだけでタクシーでのトラブルは減ります。

ベトナムに着いたばかりだとスマホにSIMカードが刺さっていないので、ネットが繋がらない状態だと思います。カフェに行けばWi-Fiは飛んでいますが、タクシーや道端ではネットがつながらずネット難民になります。
Google Map のオフライン マップを使うと名前のとおりにオフライン環境でも見れるので指差しやピンをドライバーに伝えることができるのでコミュニティを助けてくれます。

Google 翻訳

コメントを残す